生活の参考書

生活のなかのちょっとした”はてな”を解決するサイト

アレルギー 花粉症

花粉症の治療法:薬?手術?免疫療法?自然治癒?

花粉症にかかると何もかもが手につかなくなり、憂鬱な時間がすぎていきます。なった人で無いと分からない、分かってもらえない!

そんな経験ありませんか?

鬼上司が花粉症経験者なんていったら、ぞっとしますね。

このだるさ、分からないだろうなぁ・・・

今すぐに治せるなら、何でもいいからお願いしたい!そう願う人は4人に1人の割合でいる花粉症患者。

そんなあなたがチャレンジしていない治療法があれば是非試してみてはいかが?

もうすでにいろいろ試したよ!と言う方は、元を断つしかないでしょう。

 

花粉症の治療法:3本の柱は

花粉症の治療法として3つの方法が挙げられます。

  1. 抗アレルギー剤
  2. 手術
  3. 舌下免疫療法

花粉症の薬:抗アレルギー剤

花粉症を発症したときに、一番最初に手にするであろう薬でしょう。治すというより、抑えるというほうがあっているかも知れませんね。

専門クリニックの先生が教える、薬の選び方

症状が①くしゃみ・鼻水が中心か②鼻づまりが中心かで異なります。

  1. くしゃみ・鼻水の場合
    1. 第2世代抗ヒスタミン薬が第一候補
  2. 鼻づまりの場合
    1. 抗ロイコトリエン薬が選択肢
  • 飲み薬
  • 点鼻薬
  • 点眼薬

このような薬は、服用すると眠気が襲ってきたりするのでお仕事をしている方には厄介なものでもあります。しかし症状が和らぐので一番手に取りやすいものではないでしょうか。

これらの薬には抗ヒスタミン作用・抗ロイコトリエン作用があり、花粉症には効果的なんですよね。

このような抗ヒスタミン作用のあるものは日常の生活の中でも取り込むことが出来ます。

  • レンコン 粘り成分のムチンが効果的
  • 甜茶(てんちゃ) ポリフェノールがヒスタミンの放出を抑えます

これらの食べ物で粘膜を鍛え、更に粘膜に花粉を寄せ付けないようにマスクやめがねなどでガードすることがベストですね。

アレルギーを起こす元をなくす:手術

花粉という人からすると異物がある場所に触れることで発症する花粉症。では、触れる所を失くせばいいのでは?

スポンサードリンク
  • 日帰り手術 
  • 入院手術

■日帰り手術はレーザー治療で粘膜を焼きつけることで症状を出にくくする方法。複数回行なうことが必要です。

レーザー治療はあくまで軽減する治療で永久的に症状をなくすことが出来るものではないし、鼻以外の目などに関しては、点眼薬が必要になります。

■入院手術は、全身麻酔をして粘膜を切り取る方法や鼻の中隔の曲がりを矯正する方法があります。

これらの手術は、完全になくすことは難しく、毎年行なうことも出来ない治療法。その為、補助的な治療となり、メインは内服薬が最初に行なう療法となります。

 

花粉には花粉で対抗:舌下免疫療法

少し怖い療法に聞こえますが、花粉症に対する免疫力をつけるために、わざと花粉の液を舌の下に滴下して治すというなんとも荒療治にも見える方法です。

クリニックの先生に聞くと、2014年にスギ花粉症の舌下免疫療法治療薬【シダトレン】が発売され保険適応にもなったとのこと。

効果は絶大で約8割の方の症状が改善されているという。全ての方と言うわけにはいかないみたいですね。

以前から行なわれていた、皮下免疫療法(注射で行なう治療)の方が舌下免疫療法よりも良い結果がでているらしいですが、注射は痛みが伴い、しかも長期に渡って通院しなくてはいけないものなので、苦痛と根気が必要になると話しています。

その点、舌下免疫療法はある程度といっても数年通院し自宅で治療を行なうことが出来る点が嬉しいですね。

もちろん処方箋が無いと薬はもらえないので、やりすぎるという自体にはならないと話してくれました。

この治療を行なう場合は、事前に血液検査でアレルギーの検査を受けることが必要になり、

また、治療を始める時期も流行が来る前に始めないといけないものらしく、どこのクリニックでも受けられるものでもないという。(最近では、流行してからでも問題ないと)

講習を受けた医師がいる機関でしか舌下免疫療法を受けられないので、HP等を確認するのがベストですね。

あとがき

国民の病といっても過言ではない『花粉症』

特にスギ花粉を減らす為に、国として税金を使い花粉の出ない杉の植林に力を入れているみたいです。

それでも、何年かかるか分からないので自己防衛することが先決でしょう。

早く特効薬が出ることを期待しましょう。

 

 

スポンサードリンク

-アレルギー, 花粉症
-, ,