生活の参考書

生活のなかのちょっとした”はてな”を解決するサイト

クリスマス

30代の社会人彼氏へのクリスマスプレゼントは1万円程度と気持ち

2016/12/09

1年間の中で、彼氏彼女のプレゼントをあげる回数って大体クリスマスと誕生日と特別な記念日と3回くらいありますね。人それぞれですが毎回、何をプレゼントしたらいいのか凄く迷うと思います。迷うというのは、真剣に相手のことを思っている証拠でもあり、楽しくも辛くもありますね。

そんな時は、まず予算を決めておくという手があります。良いものがあればあるほど、どんどん高くなっていってしまうなんて経験ありませんか?あまりにも高すぎるプレゼントは、相手にとってプレッシャーだったりします。お返しがきついなぁとか、大丈夫?とか。もし予算オーバーになったら+2000円とかの範囲も決めておくと選びやすいですよ。なんだかんだ言ってもやっぱり気持ちが第一なんです。

30代社会人彼氏へのプレゼントの値段は1万円以内と決めうちする

予算はあったら、あったに越したことはありませんが、範囲が広がりすぎると逆に選べなくなります。

こんな例がありました。とあるベビー洋品店にてベビーカーを販売していました。店員さんはお客様にいろいろと選んで欲しいという気持ちから、全てのブランドの全ての商品を陳列したんです。店員さんは、これなら自分にあったベビーカーを選んでくれるだろうと楽しみにしていましたが、なぜか全く売れません。どうしてなのでしょうか。

その答えは、人はものを選ぶときに多ければ多いほど迷いだすという結果が出ているということなんです。これとこれなどの2者択一であれば、どちらかが自分の好みに合っていればそちらを選びます。しかし多すぎると、これはああで、あれはこうで。と悩みだし、結局選べず仕舞いになるんです。

プレゼントの価格も1万円とか決めておいて、どうしても予算オーバーになった場合はプラス2000円とかの予備を設けておく。そうすると、範囲が狭まりすんなりと決めることができてくるものです。

そして予算の範囲の中で、できればお二人の共感を得たものが入っていると最高のプレゼントになりますね。【あの時に○○君がこういっていたよね、だからこのプレゼントを選んだんだ】と言うような選んだエピソードが彼氏との思い出に沿ったものであると、プレゼントがより一層特別なものになるのです。

社会人彼氏は仕事に乗り出してきている時期、それにあったプレゼント

30代を過ぎると、部下を持つ彼氏も多く居ることと思います。そんな彼氏は、仕事に大忙しでプライベートな服を着るときも少なくなってきているのではないでしょうか。そんな時は、影から『頑張って!』の意味もこめて、仕事に関係するちょっとしたアイテムを贈るのはいいかもしれません。部下からは、『先輩!それ良いですね。どこで買ったんですか?』なんて聞かれれば、その都度あなた(彼女)を思い出すきっかけにもなるんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク
おススメプレゼント
  • 好きなブランドがあれば(ネクタイやタイピン・ベルト・ハンカチ・ペンケース)
  • 電子機器(Padやスマートフォン・周辺機器)オシャレなもの
  • 通勤に使う小物類(オシャレな折りたたみ傘・グローブ・イヤフォン)

できる限りメインになりそうなものは避けるべき、サブ的な小物がさりげなくオシャレアイテムと言う感覚を持って選んで欲しい。勤め先によっては、身につけられないものもある場合が・・・彼氏がどんな仕事をしているのかをさりげなく探ってみてはいかが。プレゼントは意外に定番がおススメなんです。

 

どうしても選びきれないときの最終兵器 体験や経験をプレゼント

プレゼントといえば、大体思いつくのが【モノ】と言う方がほとんどでしょう。せっかく買ったプレゼントも、もしかしたら持っているモノだったり、以前誰かに貰ったことがあったりとか。心配は付きません。そんなこんなで何を贈ったらいいのか迷ったときの最終兵器が体験ギフト

前々から一度は【やってみたかったんだよね】、とか【あそこに行ってみたいんだよね】と言う会話は、カップルならば話が出たことはあるのでは?しかし、日常の忙しさからそのことを忘れてしまうと思います。

そこで、思い出してみてください。彼の何気ないこれやってみたいんだよね・行ってみたいんだよね、の一言を。そんな体験型のプレゼントがあるんです。『体験の総合商社』と言っている会社、SOW EXPERIENCE(ソウ・エクスペリエンス)が商品化しているギフト。

価格は3000円台から50000円台まで豊富に揃っていて、パラグライダーやラフティング・食事モノやクルーズもの、オーダーシャツやシューズなどなど、選ぶのも楽しくなっちゃいます。2人で体験するものや、今回のテーマ【社会人の彼氏】ならば、オーダーのシャツも良いですね。オーダーであればサイズを知らなくても、しっかり計ってくれますし、彼女にとっては身につけるものをプレゼントと言うのはうれしいんじゃないでしょうか。私も欲しい~^^

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回お届けしたプレゼントの考え方はいづれも、気持ちがこもったモノになっています。

共感できるプレゼント・相手のことを考えたプレゼントと一生の中でいくつものプレゼントを贈る・贈られるタイミングはあると思います。そのいくつもあるプレゼントの中の一つに埋もれてしまわない記念に残るプレゼントにするには、【気持ち】をどのように表現するかが重要なポイントですね。

プレゼント選びで迷ったら、少し立ち止まってみて下さい。そして、相手のことをよーく思い出して贈ったときの喜ぶ表情をイメージして、そのプレゼントが定番のものであったとしても、選んだエピソードが特別なものにしてくれます。

 

 

スポンサードリンク

-クリスマス
-, , , ,