生活の参考書

生活のなかのちょっとした”はてな”を解決するサイト

雑学

高熱時の解熱法 こどもの発熱と解熱剤

風邪を引いた時などに身体が異常に熱くなり、解熱剤を投与するかどうか迷うような時がありませんか?

こどもの急な発熱では、解熱剤を投与すると強い副作用にあってしまうことがあります。どのような症状なのかによって適する処方があるんですね。そんな時には自然の力を利用して熱を下げることも有効です。今回はこの時期に多い熱から身体を守る解熱の方法を見ていきましょう。

解熱剤が適さない状況はどんな時?

こどもが高熱にうなされ、夜中に心配になった経験はありませんか。

救急に行くにも外は寒いし、インフルエンザが流行っていて連れて行くのも躊躇してしまいます。

先日夜中にこどもが急な発熱を訴えたので、どうにか熱を冷まそうと四苦八苦していました。

冷蔵庫に解熱剤が残っており、以前の症状と似ていることから熱を下げれるのであればと考えてしまいました。

結果・・・使用は控えたのですが、後から小児科の先生に聞いたことに顔が青ざめました。

解熱剤の使い方を誤ると最悪な結果を生むこともある

薬局で誰もが購入できる解熱剤「アス○リン」「ケロ○ン」「バファ○ン」などは有名なので皆さん知っているとおもいます。

これらの解熱剤は、サリチル酸系の解熱剤というらしく、インフルエンザとは非常に相性が悪いものらしいのです。

知っていましたか?

これを機に覚えておきましょう。

サリチル酸系以外にも、ジクロフェナクナトリウムやメフェナム酸を含む「ボルタ○ン」なども相性が悪い解熱剤となるそうです。

小児科医でも、どんな症状なのかをしっかりと見極めてからでないと解熱剤の投与はしないとのことです。

この話を聞いた後からは、半端な知識での薬の使用を控えました。

解熱剤を使用せずに自然のちからを利用して熱を下げる方法

薬ほどの速効性はありませんが、ゆっくりと安全に体温を下げる効果があるアイシングがいいでしょう。

通常市販されている、おでこに貼る「熱冷却シート」はご存知かと思います。急な高熱には中々熱が冷めないのでやきもきしてしまいますが、安全性と言う意味では良いとお思います。

しかし、39度を越すような高熱の時は若干力不足のような気もしますので、スポーツ選手が熱を冷ます時に使うアイシングをおすすめします。

ビニール袋に氷水を入れ身体を冷やす方法です。

スポンサードリンク

アイシングする材料が無い場合は、アイスを買う時についてくる保冷剤も有効です。ただし冷やしすぎには注意しましょう。

私の家では、熱中症対策に使っている首に巻くネッククーラーを使用しています。足の付け根に巻く時にも便利なんです。

冷やす場所はどこが適している?

頭を冷やすと言うイメージが強いかと思いますが、高熱の時はプラスアルファで首の動脈、脇の下、足の付け根の皮膚の下すぐに血管が通っている場所を冷やすのが一番早く冷やせます。

全身を流れる血液を直に冷やすことで、くまなく冷やすことが出来ます。ただし、冷やしすぎも良くありませんので、直に冷やすよりタオルなどでカバーして冷やすようにしましょう。

熱が上がってきているのには意味があることも覚えておいてください。

身体の中でウイルスと体が戦っているので熱が出ているのです。これは身体の正常な反応なので無理に熱を下げようとしないほうが無難でしょう。

今の時代は、上がりきるところまでは身体を保温して汗がでるところまで行ったところで解熱を開始するぐらいが良いといわれています。

脇の下で検温する方は、冷やして正確な検温ができませんので注意が必要です。

 

脱水症状に注意して水分補給をする

身体の中に入ってしまったウイルスは体と戦っているので熱くなるんでしたね。すると汗をかき水分が奪われていきますので補給が必要になってきます。

夏場の脱水症状を回避する経口保水液スポーツドリンクが適しています。

急な発熱でスポーツドリンクなどが無い場合は、家にあるもので経口保水液が作れます。

作り方はクックパッドに多くでていますので参考にしてはいかがでしょう。市販のものが安全なので震災用品とともに備蓄しておくのがいいとおもいます。

 

あとがき

ちいさなこども程、突然の発熱に見舞われることがあります。親としてはどうしたらよいか?不安になりますが、ほとんどのおこさんが通過してきている症状になりますので落ち着いて対処していきましょう。

市販の薬がいけないわけではありませんが、使い方を間違えると取り返しのつかないことにもなりますので、発熱の意味を理解してタイミングの良い解熱をすることを心がけていきたいものです。

 

 

スポンサードリンク

-雑学
-, , ,