生活の参考書

生活のなかのちょっとした”はてな”を解決するサイト

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨

今更聞けない仮想通貨ビットコインをおさらい!今は投機、価値はあとからついて来る?

スポンサードリンク

今年もあともうわずかになり、更に高騰を続けている仮想通貨ビットコイン。

今この記事を見ているあなたは、ビットコインと言う名前は知っていても実態は分からない。と言う状況かも知れません。

巷を賑わせているものだから気になってしかたがない。

だってそうでしょう?2017年の初めにビットコインを購入していたら12倍の価格に跳ね上がっているんですから。

それなら今、少しだけビットコインについて理解を深めてみましょう。

ビットコインとは?

ビットコインとは何?インターネット上の通貨!

 

ビットコインとは仮想通過であり、現実に存在はしないデジタルのコインです。

実際に存在しないと言うと、「 怖い! 」イメージがありますね。

 

世界には多くの国が存在し、独自の通貨を持っている国が多く存在します。

ご存知の通貨では、【 円 米ドル ユーロ 英ポンド スイスフラン 豪ドル NZドル カナダドル ・・・

独自の通貨を持っていない国は、他国の通貨に依存したりしています。

なので、他国がインフレやデフレになれば、貨幣の価値が上がったり下がったりしておのずと影響されることになります。

昨日1通貨で買えたものが、買えなくなったり、逆も起こりえます。

 

それにかえ、ビットコインには国が無く、管理人も管理団体もありません。保有している全ての人が管理人になって管理しているイメージです。

誰かが売り、誰かが買う。するとその履歴(ブロック)が数珠繋ぎ(チェーン)のように連鎖していきます。

これを【 ブロックチェーン 】と呼んでいます。

 

ビットコインには国が無いので、国の経済に左右されない価値を見出します。その為、今までの通貨では成し得ない取引をビットコインでは出来る可能性を秘めています。

良く言われるのが、ビットコインはゴールド(金)に似ていると言うもの。

 

金は世界中の埋蔵量が決まっていると言われています。

その為、希少性があり必要とされればされるほど価値が上がっていきます。

ビットコインもゴールドと同じように上限となる量(発行量)が決まっています。

なのでビットコインの利用価値がどんどん見出されると、その利用価値を使う人が増え、結果欲しい人が増えていくので高騰していくことに繋がります。

 

 

 

ビットコインはどこで作られているの? マイニング!マイナー!

2009年に誕生したビットコインは、流通量が最初から決められており、その総発行量の上限は2100万枚と決まっています。

発行するという事は、誰かが発行するの?とお思いになるかもしれませんが、これは、「 マイニング 」という採掘作業を「 マイナー 」という発掘者が行なう事で生まれてきます。

ここではマイニングについて詳しい説明は省きますが、世界中のどこかでビットコインというデジタル通貨を掘り出して、掘り出した人が報酬を得ているのです。

 

一時期、中国ではマイニングが流行りビットコインの流通量の多くを占めていました。

これは、自国の通貨【 人民元 】が不安定だったことや、マイニングに必要な電力が安いことも相まって起こりました。

しかし、現在人民元が脅かされることを懸念して、中国当局がビットコインに規制をかけた経緯があります。

 

中国の規制が入ったことで一時的に、ビットコインの価値が下がりましたが、いまはその当時の何倍にも高騰しています。

日本の企業GMOも、マイニングを手掛けるニュースもありました。しかし、日本ではマイニングに必要不可欠な電力が高いので、ロシアでマイニング(発掘)を行うようです。

 

このようにマイニング(発掘)は世界中で行われ、今現在もどんどん掘り起こされています。

 

 

ブロックチェーンを生み出した「 Satoshi  」(サトシ ナカモト)とは

ブロックチェーン・ビットコインを発明したとされている「 サトシ 」はビットコインの論文を2008年に発表し、2009年に採掘(マイニング)を始めました。

このサトシは、【 サトシ ナカモト 】 と呼ばれていますが、日本人ではないとされています。

一部報道によると流暢な英語を話しているとも言われていて存在自体も不明なまま。

ある特定の人物なのか?【 グループ名 】や【 プロジェクト名 】なのかも定かではないんです。

 

一説によると、サトシ ナカモトはビットコインを100万枚保有しているとされています。

ビットコインが通過として、世界に認められた時 サトシ ナカモトは世界一の富豪になり、それを一気に世の中に流通させることになるとビットコインの価値に影響が懸念されます。

希少性が薄れるからです。

スポンサードリンク

 

ビットコインの単位は、生み出したサトシの名前を取って「 1Satoshi 」と名づけられている。

1Satoshi(サトシ)=0.00000001BTC (ビットコイン)となる。

よって、単位は「 ビットコイン(BTC) 」と「 サトシ(Satoshi) 」の2つとなる

 

ビットコイン投資、現在は投機目的本当に価値はあるの?

ビットコインについて本当に簡単に触れてきました。

この情報だけでは、価値があるのか無いのか?ほとんど分かりませんね。

しかし、今現在ビットコインの取引をしている人は値上がり差益を得る為の【 投機 】をしているに他なりません。

 

投資として一番メジャーなものは【 株 】でしょう。

株は、発行している企業の価値が価格に反映されて出てきます。

この企業は、こんな仕事をして、このような利益をもたらし、将来こんな価値が産まれるだろう!

のような感じで、その企業に魅力を感じた人が株を購入して、企業を応援しています。

応援する人が増えれば、企業価値が上がっていき、企業はそのお金で設備投資や研究開発費へ投資が出来るわけです。

 

ではビットコインはどうでしょう。

今現在、ビットコインを通貨として認めた場合、街で利用しようとした時に不便なく使えるまでに至っているでしょうか。

残念ながら、不便無く利用することは難しい状況です。

 

例えばあなたがビットコインを持っていたとします。

お昼時になり、あなたはお腹が空きました。

日本円は持っておらず、ビットコインなら持っています。

そのビットコインは多くの飲食店で使えますか?

 

ビットコインが不便なく、街で使えるようになった時、本当の価値が現れてきます。

ビットコインに似ていると言われるゴールド(金)。

これも、そのままでは街の中で簡単に利用することは難しいでしょう。

換金しなくては利用が出来ません。

 

今、ビットコインが高騰している理由には、投機目的の人がほとんどです。本当の価値を見出すまで、まだない価値を先買いして値段を吊り上げているのです。

株のように価値に投資をするのではなく、価値をあげてその差益を得る為の【 投機 】です。

投機が悪いと言っているのではなく、必要な過程の中にいる現在、良く理解してビットコインを買う必要があるのです。

 

世の中に認められてくると、街でビットコインがつかえるお店が増えてきます。

すると、使ってみようかなと思う人が増えてきます。

 

今あなたが行う投機が、後の価値を生み出して生きます。投機する人が減れば、価値が生まれて着ませんので衰退していくでしょう。

 

まとめ

ビットコインとは、インターネット上の仮想の通過で現物は存在しない

ビットコインには国や団体や人が存在しない

ビットコインは、サトシ ナカモトが世の中にだした

ビットコインは総流通量が2100万枚と決まっている

現在のビットコインは投資ではなく、投機目的が多いので乱高下が激しくなっています。

利用する時は気をつけましょう。

 

下記で関連した記事がご覧いただけます

仮想通貨の取引所メインの3つはこちら!口座開設先案内

仮想通貨ビットコインを始めるならまずは取引所の開設をCoincheckで!

ビットフライヤー経由で楽天市場を利用するとビットコインがもれなくもらえる

ビットフライヤー経由でクレジットカードに加入でビットコインが貰える!お買い物でも貰えるぞ!

 

スポンサードリンク

仮想通貨を始めるなら取引通貨数No.1のコインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-仮想通貨
-, , ,