生活の参考書

生活のなかのちょっとした”はてな”を解決するサイト

イベント バレンタイン

バレンタインにも使える激安チョコレート工場:千葉・東京・神奈川編

2017/02/05

前回、チョコレート工場茨城編をお伝えしましたところ反響が大きかった為千葉・東京・神奈川にて調査してきました。

そしたらチョコレート菓子を作っているメーカーも元となるチョコを仕入れしていることが分かりました。

  • 国外からチョコレートの原材料【カカオ】を仕入れ精製し、それをチョコレート工場へ卸す。
  • 卸した先のチョコレート菓子工場でお店に並ぶチョコレート菓子になって私達の手に届く。

こんな流れがあるんですね。

そのカカオを精製している会社が、東京板橋区にありました。

そのチョコレート精製工場から出荷されたチョコは、【ブラックサンダー】で有名な会社にも卸していたんです。

チョコレートの原材料【カカオ】を精製している会社

東京都板橋区にある【日本チョコレート工業協同組合】は、加盟店となる中小チョコレート菓子メーカーに原材料チョコレートを製造して安定供給していくことを主たる業務にしている組合になっています。

要は、1社で仕入れから行なうとコスパも良くないし、みんなで力を合わせて原材料を調達しましょう。そのほうが安定的に仕入れができるしね。というような感じでしょう。

この組合に参加している有名どころ(筆者の感覚でしかありませんが・・・)

  • 皆さん知っている【チロルチョコ】を製造している松尾製菓㈱
  • スーパーでよく見かける【モロゾフ】を製造しているモロゾフ㈱
  • 【ブラックサンダー】で有名な有楽製菓㈱

などなど計31社が組合員となっているんです。

チロルチョコ・モロゾフ・ブラックサンダー辺りは皆さんほぼ目にかけたことがあるでしょう?

これらは、この【日本チョコレート工業協同組合】が無くてはならない存在になっているんです。

日本チョコレート工業協同組合でもチョコが買える

参加組合員(チョコレートメーカー)にチョコを供給するのはもちろんですが、ここ日本チョコレート工業協同組合では、個人的に10月より数量限定にて高品質なチョコを販売しているんです。

その名も『デラックスミルクチョコレート』

濃厚でまろやかなミルク風味のチョコは1ケース単位(350g板チョコ×30枚)という大容量での販売になっているのですが、さすがにチョコ好きといえども30枚入りは何ヶ月かかることやら・・・

ご安心ください。組合事務所2階窓口にて1枚(350g)単位から販売してくれます。しかも試食付き!1枚1,200円ですが、一度味を知る価値がありますよ。

バレンタイン用に量・質ともに満足いただける一品!

溶かして、オリジナルチョコを作るにももってこいな品質!

 

販売窓口は月曜~金曜・指定土曜日10時から16時まで日祝休み

住所:東京都板橋区東坂下2-3-13

電話:03(6324)1215 に確認してから行くといいですね。

 

ブラックサンダーで有名な有楽製菓

東京都小平市にある【有楽製菓】はあの有名な【ブラックサンダー】を製造販売しているメーカー。もちろん、日本チョコレート工業協同組合から原材料を仕入れしているんです。

工場直売店として東京工場では涼しい期間の10月から3月の間チョコを販売しています。

スポンサードリンク

ちなみに有楽製菓は、全国の3工場【東京工場】・【豊橋夢工場】・【札幌工場】にても工場直売所を設けているんです。

  • 東京工場:東京都小平市小川町1-94
  • 豊橋夢工場:愛知県豊橋市原町蔵社88
  • 札幌工場:北海道札幌市厚別区厚別東五条2-14-238

遠方の方は、インターネット・電話・ファックスでも受け付けているようですよ。

有楽製菓ホームページ

 

神奈川県のチョコレート工場 鎌倉チョコレート

鎌倉と言うと、その名前自体が【ブランド】化している町として有名ですよね。私も鎌倉シャツなどを愛用しています。

その鎌倉の名前をつけている【鎌倉チョコレート株式会社】は横浜で焼く50年チョコ一筋で作り続けてきた三ツ和商事㈱の販売会社なんです。

 

神奈川県横浜市神奈川区入江2-21-6 三ツ和商事㈱工場内

特売品は日によってかわりますが、5袋1,000円 1袋だと300円と激安商品が並びます。

おすすめはやっぱり【ヨーグルトレーズン】一番人気でもあるそうです。

これは、病み付きになるんですよね。

直営店として【鎌倉くらん】というお店があります。

住所:神奈川県鎌倉市御成町10-8

電話:0467(38)7654

定休:水曜日 時間:10時から19時

 

千葉県のチョコレート工場2社

●株式会社グランプラス(高級)

住所:千葉県八街市八街は17番地にある【グランプラス八街工場】(本社アトリエ)

営業日時間はホームページ上で毎月更新しているんです。

電話:043(443)6471

 

ホームページを覗くと、高級なイメージのチョコレートが美しい写真とともに映し出されていますが、とても高そうな感じがしますので、工場直売がおすすめですね。

直売所限定商品もあるんですが、人気のペカンナッツショコラや生チョコレートもおすすめです。

製造工程上で発生するB級品が激安で購入できるとあって、味はそのまま形状不良や傷物・重量ばらつき品等)なんです。

 

●ニッポー株式会社 (庶民派)

こちらは、不定期で年に数回工場の直売所で販売会を開催するんです。

公式HPはこちら

1.鎌ヶ谷工場(本社)

住所:千葉県鎌ヶ谷市丸山1-2-25

2.船橋工場

住所:千葉県船橋市南三咲2丁目14-13

電話:047(447)4115

 

スナック菓子やチョコレート菓子を販売していますが、OEM商品を幅広く取り扱っているようです。

昔の駄菓子屋風なイメージですが、試食があったりと、ついつい大人買いをしてしまいます。

 

まとめ

前回の茨城編に続いて、千葉・東京・神奈川編となりましたが、チョコレート工場に卸している組合があったとは、収穫でした。

1,200円で350gの大きな板チョコ!しかも味は保証付き!

バレンタインにびっくりさせる、義理・友・自分用と使い分けができそうですね。

高級路線で攻めるなら、グランプラスが一押しです。

 

スポンサードリンク

-イベント, バレンタイン
-, , , ,