生活の参考書

生活のなかのちょっとした”はてな”を解決するサイト

雑学

地鎮祭はいつ行い・どうやるの?いくらかかるの?

一生に一度といわれる大きな買い物住宅。その住宅を購入すると色々と人生1回しか行ないそうもない行事に翻弄されます。

その中でも、住宅を建築し始める前に行なうのが【地鎮祭】なるもの。

地鎮祭はどのタイミングで行なうのか?

どんな感じで行なうのか?

誰がやるのか?

今回お客様の地鎮祭があったので、紹介していきます。

地鎮祭の意味・いつ行い・どうやるの?

地鎮祭の意味は?

じちんさい・とこしずめのまつり

建築をする際に、土(土地)をいじり始めますよ!と土地の神(氏神様)に許しを得る意味があります。

これから家を建築しますので、何事も無く、無事に完成まで見守ってください。そして、その後これから住む方の繁栄を見守ってください。

というようなことをお願いします。

 

地鎮祭いつ行なうの?

地鎮祭という名そのままですね。地を鎮める祭り。事故防止を祈願するので、基礎を作る前に地縄(家の外枠を縄で示す)の中で宮司が祈願します。

山砂を盛り、その土地に鍬を入れる儀式を施主と建築に携わる工事店が順番に行ないます。

この祭りが終わると、基礎工事に着手するようになります。

地鎮祭の流れ どうやるの?

地域や宮司(神職)によって違いが出てくるものですので必ずこのように行なうとは限りません。

流れとしては、ほとんどを神職が行います。

施主が携わるタイミングは地鎮(じちん)玉串奉奠(たまぐしほうてん)お神酒(おみき)を頂く際くらいなので、流れに身を任せるのが一番ですね。

基本拝礼は二礼二拍手一礼を覚えておきましょう。

スポンサードリンク
  1. 手水(ちょうず)神事前に心身を浄める
  2. 修祓(しゅばつ)祭りの前に参列者・供え物を祓い清める
  3. 降神(こうしん)祭壇に土地の神・氏神を迎える
  4. 献饌(けんせん)神に祭壇のお供え者を食べていただく
  5. 祝詞奏上(のりとそうじょう)土地に建物を建てることを告げ工事の安全を奏上する
  6. 四方祓(しほうはらい)土地の(地縄の)四隅をお祓いし清める
  7. 地鎮(じちん)鍬入れの儀。施主と施工会社でそれぞれ鍬をいれる
  8. 玉串奉奠(たまぐしほうてん)榊に紙垂を付けたものを玉串といい神前に供え拝礼する
  9. 撤饌(てっせん)祭壇に降りていた神を送る
  10. お神酒拝戴(おみきはいたい)お神酒を神職の合図で祈願し乾杯する

このような流れで約20分前後になります。

今までは、この後に食事を振舞うなど宴会の席を用意することがありましたが、時代も変わりそのような祝宴は少なくなりました。

 

玉串料はどのくらい包めばいいの?

相場は約3万円から10万円以上と幅広く、頼む場所により異なる場合がほとんどです。

祭壇にお供えするものから祭りの支度まで全てを用意してほしいと言われる所もあれば、全て神職が用意してくれるところもあります。

迷う時は、建築を頼んでいるメーカーの営業さんに聞くのが良いと思います。

ちなみに、私がいつもお願いしている宮司は、全て用意してくれて最低価格にて執り行ってくれます。

地域に高齢の方がいれば知恵を貸してくれるとも思いますよ。

まとめ

上棟式を行なう方は非常に少なくなってきていますが、この地鎮祭はいまだほとんどの方が行なっています。

これから家を建築するのに、地を鎮めることを怠って何かあると嫌ですものね。

神職が『オオオ~~~』と声を発することを聞いたことがある方もいると思います。

あれは、土地の神を迎え、降臨を告げる声なんですね。

近くで地鎮祭を行なうタイミングに出会ったら、見てみるのもいいと思います。

いつもこの祭りのときは、神妙な気持ちにさせられます。

スポンサードリンク

-雑学
-, ,