生活の参考書

生活のなかのちょっとした”はてな”を解決するサイト

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

住宅 雑学

雨の日の地鎮祭はやるの?やらないの?濡れないようにするには!

スポンサードリンク

この記事を読んでいる人は、建築を間近に控えている人が多いと思います。

地鎮祭など、一生に何度も経験する人はそうそういない行事ですね。

そんな地震債で気をつけなければいけないことは【  】の日には地鎮祭はやるのやらないの?ということ。

最近の天気は、IT技術の発達でかなりの確率で読めるようになってきたとはいえ、その日になってみないと分からないものです。

特に、地鎮祭などの【 日を気にする 】行事は特にですね。

振替がそう簡単に効かないわけですから心配になります。

雨の日の地鎮祭はやるのやらないの?

まず、確認したいのは雨の日ではどのような対応をするのか?です。

  • ハウスメーカーですと営業マンもしくは監督に雨の日の対応を確認しましょう。
  • お知り合いの宮司などに頼む場合は、直接雨の日はどうするのかを確認しましょう。

そして、やる場合はどんな形でやるのか?を確認すると安心です。

 

雨の日の地鎮祭はどうやるの?

地鎮祭を行うときは、そのほとんどが更地になっている状態で行います。

写真のような状態ですね。

晴れていれば、このように何も考えずに執り行うことが可能です。

しかし、この状態で雨が降ると宮司や施主は雨に打たれてしまいます。また地面は泥沼と化します。

雨の場合どのようにするのかの対応を聞いておきましょう

 

対応策としては以下の3つが挙げられます。

  1. そのまま傘を差しながら執り行う
  2. 宮司のみテントを使用して執り行う
  3. すべての参列者と宮司もテント内で執り行う

地面の処理はどうするのか聞いておきましょう

雨の日はご想像の通り建築地がグチャグチャになります。

スポンサードリンク
  1. 砂をまく
  2. ブルーシートを敷く
  3. 何もしない

天候は誰のせいでもありませんが、ほとんどが一生に一回の行事になります。

しっかりと確認し、気分良くおこなうことが大事です。

特に日を気にする行事にもなっているので、代替え日をすぐに取れるとも限りません。

宮司、施主、ハウスメーカー担当などすべてのスケジュールが合わないと難しいからです。

特に忙しい宮司だと、良い日とされる日はスケジュールが埋まっていることがほとんどです。

 

そもそも雨の日の地鎮祭ってどうなの?

雨の日の地鎮祭はじつは【 地鎮祭日和 】!

【 雨降って地固まる 】と言いますね。

意味としては、もめごとなど悪いことが起こったあとは、かえって基盤がしっかりしてよい状態になることのたとえ。

地鎮祭は<じちんさい>、もしくは<とこしづめのまつり>と言ったりします。

また地鎮祭の【  】の字には、しずめる、しずまる、重いもので上からおさえる、動かないように上からおさめるなどの意味があります。

気分的には、雨よりも晴れのほうがすっきりしますが、この行事の時には雨もいいものだと言うことですね。

 

地鎮祭にお年寄りが参加する場合

地鎮祭を行う時間はそんなに長いものではありません。式自体は20分から30分もあれば終了するでしょう。

しかし、お年寄りが参加する場合などはイスを用意しておきましょう。

地鎮祭の場で、倒れられてしまってもなんともどうもという、気持ちになってしまいますからね。

 

雨の日の地鎮祭まとめ

  • 雨が降っても、豪雨などのどうしようもない天気でない限り吉日ととらえて行いましょう
  • どのように執り行うのかは営業担当もしくは宮司(神職)に確認しましょう
  • 施主側で用意するものがあれば確認しておきましょう

これから建築に向かい一番初めの儀式です。不安なくしっかりと準備して無事迎えましょう。

 

スポンサードリンク

仮想通貨を始めるなら取引通貨数No.1のコインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-住宅, 雑学
-, ,