一条工務店といえば、全館床暖房システム。そして次に特長のあるオリジナル太陽光発電システム。

いち住宅メーカーでありながら、太陽光パネルまで自社製造してしまうんだから強みにもなります。

 

そして、太陽光発電を搭載するならできれば大容量搭載をしたい。そう思う人もいるでしょう。

そんな方におすすめするのが「オリジナルソーラーカーポート」

今回は、一条工務店のソーラーカーポートについてメリットデメリットを含め詳しく見て行きます。

 

おすすめ関連記事

 

一条工務店「ソーラーカーポート」の仕様

あお

ここでは、ソーラーカーポートの基本的な仕様を見ていくよ。

一条工務店のオリジナルソーラーカーポートは、車の駐車スペースによって大きく2種類あります。

  • 2台駐車可能なタイプ
  • 1.5台駐車可能なタイプ

この2種類です。

じょし

1.5台ってなんか中途半端じゃない?

あお

車1台と駐輪スペースって感じだよ。

さらに、ハイルーフ車(車高の高い車)対応と乗用車(一般的な車高の車)用として2種類

  • 2400mmタイプ
  • 2600mmタイプ

この2種類です。

 

さらに更に、接道の違いで車の出入り口が東西南北の4パターン存在します。

じょし

車2台って、ハマークラスも入るの?

あお

ハマークラスになると、どうだろう?1台しか止められないかも・・・

2台用、1.5台用は基本的に、普通車を基本に設計しているのであまりに大きな車は要相談ですね。

 

ソーラーカーポートの値段と設置にかかる費用

じょし

仕様はなんとなく分かったけど、値段が気になるわね。

ソーラーカーポートは、2台用で約50万円前半の価格設定をしています。

高さや接道の違いで、価格の違いが少しだけ出てきます。

資材高でもない限り50万ちょっとの予算を取っておくと間違いないでしょう。

ソーラーカーポート費用(予算)の2つの注意点

注意点1.太陽光パネル設置費用

50万ちょっとの予算と言いましたが、これはカーポートだけの予算なんですね。

と言うのは、このソーラーカーポートの価格には、太陽光パネルの値段は含まれていません。

別途、パネル代金がかかると思ってください。

 

搭載容量は、太陽光パネルのアップグレードによって変わると思いますが、約5kw程度。

一般的な住宅に搭載する平均的な量が、ソーラーカーポートだけで賄ってしまうというサイズですね。

 

注意点2.コンクリート打設費用

更にいうと、駐車場となる地面のコンクリート打設も、エクステリア工事(外構工事)で施工となるので別途費用が必要です。

 

ソーラーパネルの価格に関しては、家に搭載するパネル料金と同額です。

一条工務店では、10kw未満のパネル単価と、10kw以上のパネル単価で価格が変わります。

大容量搭載になると、パネル単価が低くなると言う点は良いポイントですね。

 

一条工務店では、買取価格が下げられると「パネル価格」も下がる傾向にあります。(必ずしもではないけれど)

これは、元を取れるように調整しているからなんですよね。安心して購入する事が出来ます。

 

2018年現在の夢発電システム価格

出典:一条工務店パンフレットより

 

 

太陽光発電による、固定価格買取制度については経済産業省の資源エネルギー庁ページの「なっとく!再生可能エネルギー」の太陽光項目をチェックすると分かります。

何キロワットアワー発電したかと、下記表の単価をかけると売電額が出るようになります。

 

ソーラーカーポート設置メリット

あお

カーポートを採用することで、どんなメリットがあるのか気になるよね。

ソーラーカーポートを設置するメリット

大容量の太陽光発電システムを搭載をしたいと考えている方には、ソーラーカーポートはもってこいです。

スポンサードリンク

敷地面積があるのであれば2台用を2基設置するなどすれば、それだけでも10kw程度の容量を確保することが出来ます。

  • 家の屋根は変化を持たせたい!
  • 太陽光パネルだけの片流れ屋根は好きではない!

そんな人でも、ソーラーカーポートを利用すれば、大容量の太陽光パネル設置を実現できるでしょう。

 

太陽光発電システムを搭載して、より売電メリットを出そうとするならば、、できるだけ容量を増やすことが一番の方法となります。

全量買い取り制度を利用して、20年間の買い取り価格を確保することで利益を得やすくなります。

住宅の屋根だけでは、10kwを超すことが難しい場合は、ソーラーカーポートを利用してパネル容量を増やす検討をしてみるといいでしょう。

 

実際の売電明細で確認!

現在の固定買取価格に置き換えてみるとわかりやすくなります。

ソーラーカーポートのデメリットや注意点

じょし

メリットは分かったけれど、デメリットはないの?

ソーラーカーポートを採用する場合は、住宅に搭載する太陽光と一緒に検討する必要があります。

ソーラーカーポートを設置するには、建築確認が必要です。

 

つまり、建ぺい率に含めることになるんです。

カーポートの設置スペースはあるけど、建ぺい率が低くて収まらないという事があります。

 

あお

どういうことか?具体例を挙げてみるよ。

60坪の土地で建ぺい率が40%だった場合、建物の建築面積は最大でも24坪分となります。

ソーラーカーポートの面積は約10坪分(6m×6m程度)の面積を確保しなくてはいけません。

つまり、建築面積24坪の内10坪をソーラーカーポートに持っていかれると、残り14坪で住宅を建築しなくてはいけなくなります。

総2階建てを検討するとして、28坪までの住宅にするという制限がかかります。

それで良いという人以外は、デメリットとなるでしょう。

 

また、ソーラーカーポートは太陽光が当たらなければ意味がありません。

そういった意味で言うと、日陰にならないような設置場所を検討する必要があります。

 

注意する点は・・・

  • 陰になるような建物や電柱がないかを確認する
  • 用途地域によっては、将来高い建物が建つ可能性を検討する
  • 雪国などの積雪が多い地域も検討が必要です

 

このようにならないために、土地選びから考えている人は、営業担当や設計士と一緒に希望の間取りや仕様を検討しながら「土地を探す」ようにすると間違いありません。

 

ソーラーカーポートアフターサポート「無償アップグレード」

一条工務店が提供しているソーラーカーポートは、見た目もかなり「ごつい」わけですが、それでも想定外の大地震などが来ると完全無敵とはならない様子です。

もう住んで数年が経とうとしたある日、一条工務店からダイレクトメールでソーラーカーポートの無償アップグレード工事の案内がやってきました。

4本の柱で支えられているソーラーカーポートですが、かなり大きな震度7クラスの地震が何回にも渡り襲ってきた場合、倒壊する恐れがあるというのが判明したとのこと。

記憶によると、九州の地震で倒壊したカーポートがあったのが事の始まりらしいです。

 

これを機に、全国のソーラーカーポートの柱の中に、鉄筋4本とコンクリートを流し込む「無償アップグレード工事」を開始するということになったわけです。

このアップグレード工事、一般的なカーポートを設置した場合で考えると、普通無償とはならないものですよね。

強化するための材料費と、作業する人件費や工賃など考えると1件当たり数万円の経費が掛かってきます。

工事当日に我が家に現れたのは、3人の大工が現れました。

  • コンクリートをこねる作業
  • 鉄骨を入れる作業
  • アルミの柱に穴をあける作業
  • 流し込む作業

これだけ作業工程があり、しかも3人がかりで約3時間くらい。1日に回れても2件がやっとでしょう。

一条工務店は「アフターサービスがひどい」って見かけることがよくありますが、これだけを見るとそうでもないような気がします。

 

一条工務店のアフターサービスが「ひどい」のかについては、追って別記事にて紹介したいと思います。

まとめ

  • 一条工務店のソーラーカーポートは2台と1.5台の2タイプ存在する。
  • 2タイプの中に、高さの違いでさらに2種類
  • 東西南北の接道によるタイプの違いもある
  • 価格は約50万円程度
  • ソーラーパネルとコンクリート打設は別工事になる
  • 太陽光発電の大容量化が図れる
  • 設置は建ぺい率にふくまれる
  • 陰にならないように注意する
  • アフターは安心できる

 

スポンサードリンク

おすすめ関連記事

スポンサードリンク